パートナー会社 訪問シリーズ⑤~株式会社グレードワン 編~

インタビューにご協力いただいた株式会社グレードワン 取締役 村上勇様



私たちコクヨロジテムが目指すサービスのカタチ、『感動納品』。(*1)
安全かつ円滑に、そして真心を込めて、コクヨ製品をお客様にお届けできる秘訣。
それは「パートナー会社」という、私たちコクヨロジテムと長年一緒に歩んでくださっている全国各地の協力会社の存在です。

ご注文いただいたお客様を想いながら、これまで学んだ商品知識、長年蓄積した多種多様なノウハウや細やかな工夫を駆使して
コクヨの家具製品が無事、お客様のお手元に届くその時まで 日々、奮闘してくださっています。

第5弾となるインタビューは、株式会社グレードワンです。
取締役の村上様と私どもコクヨロジテムは、20数年前からお付き合いいただいている
大切なビジネスパートナーです。
60名程のスタッフを擁する村上様(以下、村上さん)に「日々の仕事に対する心掛けや姿勢」を中心に、
「コクヨロジテムの印象」「今後の目標」について語っていただきました。

(*1) 『感動納品』…私たちコクヨロジテムが目指す、この空間価値を実現するコクヨの商品をお客様にお納めする際にあるべき姿を象徴する言葉です。

これまでの関係の深さが伺えたインタビューの様子 (左)弊社 中部納品部長:稲垣 (右)村上取締役


Q. 村上さんとのお付き合いの始まりについて教えてください

A. 村上さん)
今から20年程になりますね。
以前、他の会社でアルバイトをしていた時に出会ったのですが、その時の現場リーダーが稲垣さんでした。

A. 弊社:稲垣(以下、コクヨロジテム稲垣)
そう考えると、本当に長い付き合いですね・・・(笑) このご縁に感謝ですね。



Q. コクヨロジテムから見た、村上さんの存在は?

A. コクヨロジテム稲垣)
村上さんは、たとえ現場で失敗しても、お互いにフォローし合える、貴重な 「右腕的な存在」です。
今に至るまで失敗の繰り返しでしたが、さまざまな場面で助けてくださいました。
彼のおかげで今のコクヨロジテム、中部納品部がある、といっても過言ではありません。
私にとって、「ベストパートナー」ですね!

A. 村上さん)
いやいや、稲垣さんにはお世話になりっぱなしです(笑)
私にとっても稲垣さんは、「ベストパートナー」です!!

御社の作業スタイル、特に「養生の大切さ、その方法」については、特に厳しく、
そして丁寧にご指導いただきました。
教わった内容を、次に私が課員に伝えていくことで、
御社へ恩返しをしていきたいと思っています。



Q. コクヨロジテムを「ベストパートナー」と思っていただけるポイントはどのようなところですか?

A. 村上さん)
責任者は、営業のご担当者様やお客様に対して、何が出来るかを考え、
それを素直に「これ、こうしましょう」と伝えることが出来る点です。
これは、「弊社のやり方はこうです!」といった、型にハマったものがないから、 かもしれません。
現場の状況や条件に合わせて最適な方法に合わせる、この柔軟性こそが弊社の魅力だとも言えますね。
言い方を変えると、良いところでもあり、強化すべきところでもあるのですが・・・(笑)



Q. コクヨロジテムから見て、グレードワンという会社はどのような会社ですか?

A. コクヨロジテム稲垣)
コクヨグループの中部エリアの営業担当者でグレードワンを知らない人はいない程、
信頼されている会社です。
さまざまな現場で色々なスタッフがいて、たくさんの配慮をしてくださっています。
グレードワンの皆さんのおかげでコクヨの事業が進められると思っています。



Q. 今、御社ではどのような方が活躍されていますか?

A. 村上さん)
社員として勤務するのは数名、ほとんどが派遣登録で頑張ってくれているスタッフです。
年配の方から学生といった、さまざまな世代の方が日々、頑張ってくれていますね。
特に若いスタッフが、大半を占めています。

基本的に、弊社は自社のスタッフ社員で仕事を請け負っているのですが、
初心者のスタッフが作業に入る場合は年代の近いスタッフが作業や細かな注意点など、
フォローし合ってくれたりします。
年代の近いスタッフ同士で作業を進めることで、
注意すべき点が浸透しやすいことが弊社の強みかも知れません。
とてもありがたいことですね。

現場作業に必要なお仕事グッズ  平台車には会社ロゴが印字されていました



Q. 普段、御社が仕事をされている上で配慮されていることはありますか?

A 村上さん)
スタッフには現場内では常にその現場に関わる色んな方が
自身の仕事を見ていることを意識するように声掛けをするようにしています。
作業面はもちろん、挨拶や靴の脱ぎ方一つも、です。
これは1日だけその現場で作業を担当するスタッフにも伝えるようにしています。

基本的に新人スタッフには、商品運搬・開梱を担当してもらっていますが、その中で、
過去の自分自身の経験からけがをしたり、商品を傷つけることが多かった場面については、
都度注意するように伝える様、心掛けています。
気を付ける部分っていつも同じなのですが、「それ分かるだろう」とか、
「後になって、やっぱり言っておけば良かったなぁ」とならないように、
敢えて言葉に出して、相手に伝える様にしています。

例えば昼礼で全員に周知するだけではなく午前中に少し時間を取って、メンバーで集まって話をしてみたりと、
出来るだけメンバー間のコミュニケーションを取るようにしています。



Q. コクヨロジテムが出来ることはどのようなことだとお考えですか?

A. 村上さん)
この業界は仕事の波があり、どのくらい御社のご希望に応えていけるかが心配ですね。
ただ御社の現場を弊社社員が差配でき、やりやすさと責任感を感じながら、
仕事をすることが出来ていますので、とても恵まれた環境だなと思っています。

一番力になりたいと感じる時は、やっぱり毎年3月の繁忙期です。
毎年スタッフ数の確保で苦労するのですが、来年もお役に立てるように頑張りたいと思っています。



Q. コクヨロジテムから、今後グレードワンの皆さんに期待する点はどのようなところでしょうか?

A. コクヨロジテム稲垣)
同世代の職人さんは、いずれ世代交代を強いられることになりますが、
長年積み重ねた経験を活かして次世代へ繋げ、会社を一緒に盛り上げていただきたいと思います。

特に、今一緒に働いてくれている学生スタッフが1人でも多く、
「こんな会社で働いていきたいな」と感じて就職に繋がればと、考えています。
こういう人材発掘も村上さんと一緒になって考えていきたいと思っています!



Q. 御社の今後の目標について教えてください。

A. 村上さん)
御社に対して、これまで通り精一杯頑張らせていただきたいです。
そして、我が社をもっとたくさんの人に感謝される会社にしていきたいと思います。
働いていて楽しいと思える環境にすることはとても大切だと思いますし、
たくさんの方から感謝されるスタッフになって欲しいと思います。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
グレードワンで働くスタッフ一人一人に対してはもちろん、
私たちコクヨロジテムを含めたコクヨグループの各社までも“家族”のように想い、
行動してくださっているグレードワンの村上さん。
グレードワンの皆様の温かい想いをしっかり受け止め、
今後も大切なビジネスパートナーとしてこれからも一緒に歩んでいきたいと思います。

PAGETOP